ニキビは顔や首にできやすく、その見た目の悪さで、気にしている方も多いと思います。
また、一言でニキビといった場合、思春期にできるニキビと大人になってできるニキビとでは、一部原因が違う部分もありますので、併せて紹介します。
キビ対策というと洗顔や皮脂を落とすケアを考えやすいのですが、根本的な改善にはなりません。
ではどうすれば解決できるのかを、これから紹介していきます。

ニキビができる大きな原因とは!思春期だけでなく大人になっても!

思春期にニキビができる大きな原因は、皮脂の毛穴の詰まりです。

皮脂腺は毛穴を通して皮脂を分泌します。皮脂は人間にとって大事なもので、皮膚に薄い膜をはって水分が出ていかないように守ってくれるバリアみたいなものです。この時、皮脂の過剰分泌によって、毛穴がなんらかの理由でふさがれてしまうと、皮脂がたまってニキビになってしまうのです。

大人になってできるニキビの原因は、肌の乾燥や刺激によって肌バリアが低下し、角層が乱れることです。肌が刺激を受けると角層が傷つき、炎症反応でその部分の角層が厚くなってきます。すると角質が剥がれやすくなり、それが毛穴に入り込んで角栓となって、毛詰まりを起こすのです。

お茶でニキビ対策できる?

ニキビケアにはいろいろな方法がありますが、普段のお茶をごぼう茶に変えてみると、腸内環境が改善されてニキビも少なくなるかもしれません。

女性も必見!ニキビは男性ホルモンが多すぎるために起こる!

ニキビは男性に多いですが、これはテストストロンと呼ばれる男性ホルモンの関係があります。
もちろん、女性にも男性ホルモンがありますので、女性でニキビを悩む人がいるのは、こうしたからくりがあるからです。

ニキビを根本的に改善するには、男性ホルモンと女性ホルモンとのバランスのケアが重要なのです。男性ホルモンには肌の水分量や皮脂の分泌量を調節する働きがあるので重要です。
この男性ホルモンが多すぎると皮脂と角質が増えすぎて、毛が詰まりやすくなります。

女性の場合でも男性ホルモンが増える状態があります。それは生活の乱れからで、それがストレスの原因となります。このストレスによって自律神経が乱れ、交感神経が優位に働きます。すると男性ホルモンが分泌されやすい状態になるのです。

男性ホルモン抑制にノコギリヤシが効果を高める!

注意しなければいけないことは、より強力な男性ホルモンであるジヒデロテストステロンです。これは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって変換されて作られます。この強力な男性ホルモンであるジヒデロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンよりも皮脂の分泌がさらに増し、ニキビを作りやすくなるのです。

この男性ホルモンを抑制する方法として、ノコギリヤシが効果をもたらす作用があるのです。

ノコギリヤシとは、健康ハーブです。北米南部に生息しているヤシ科の植物で、枝の付け根にノコギリのようなギザギザがあるのが特徴です。その果実エキスが注目されているのです。
このノコギリヤシの働きを考えますと、ニキビへの効果は十分に期待できます。

ニキビにお悩みの方は、一度試してみる価値はあります。

美容への関心が高い人へ

美容への関心が高い人ほど、悩みがつきないのがダイエット。リバウンドしにくい、太りにくい身体を手に入れるためにはHMBサプリがおすすめです。

運動前に飲むことで、脂肪燃焼効果が上がり、筋肉がついたリバウンドしにくい身体へと体質改善ができます。